ちょっと難しい言葉辞典

ダンデライオンの意味とは?意外な由来/語源を紹介!英語表記も!

ダンデライオンの意味とは?意外な由来/語源を紹介!英語表記も!ダンデライオンという言葉を知っているでしょうか?今回はその意味について触れていこうと思います。その名前には意外な由来や語源があるみたいなのでそれについても紹介していきます。そして、英語での表記も調査します!

ぬまくん
ぬまくん
ダンデライオン?ライオンの仲間かなー?
くろちゃん
くろちゃん
全ての言葉がその意味通りじゃないってことをそろそろ知ってほしいにゃ!

ダンデライオンの意味とは?

ダンデライオンの意味とは?意外な由来/語源を紹介!英語表記も!

まずはダンデライオンがどのような意味であるかの説明から入りましょう!

ダンデライオン」とは英語で「Dandelion」と表記され、日本語訳は「タンポポ」という意味になります。

タンポポというのはキク科タンポポ属の総称で、多年草になります。

タンポポの殆どが黄色い花を咲かせ、綿毛のついた種子を作る植物です。

非常に生命力が強く、アスファルトの裂け目から生えてくることもあります。

50センチ以上の根を持つのが一般的ですが、中には1メートルを超える個体も珍しくはありません。

普段からよく目にする黄色くてかわいいあのタンポポの英語訳になぜ肉食動物であるライオンの名前が入っているのでしょうか?

ダンデライオンの語源とは?

なぜたんぽぽにダンデライオンという英語の訳が付いたのか、語源から紐解いてみましょう。

まず、ダンデライオンという言葉はもともと英語ではなくフランス語から生まれた言葉になります。

英語では「Dandelion」と一つの単語になりますが、フランス語では「Dent de lion」と表記されます。

フランス語で「dent」は「」を意味し「de」は「~の」、そして「lion」は英語と同じく「ライオン」という意味です。

つまりフランス語の「Dent de lion」を日本語に訳すと「ライオンの歯」ということになります。

ライオンの歯とタンポポがなかなか結び付きませんね…

ダンデライオンと呼ばれるようになった由来とは?

元々がフランス語でライオンの歯を意味する言葉だということは分かりましたが、どういう理由でタンポポを意味する言葉に転じたのでしょうか?

その由来はタンポポがライオンの歯のように見えたからです。

小さなタンポポですが、そのとがった葉の先や花びらがまるでライオンの歯のように見えたことから、ダンデライオンがタンポポと呼ばれるようになりました。

フランス語ライオンの歯という意味ですが、英語が形成される時に、ライオンの歯に似たタンポポをダンデライオンと名付けたのが始まりです。

このような由来があるように、よくタンポポを観察してみると確かに葉先も花びらもギザギザとがっており、ライオンの歯を意味するダンデライオンと名付けられた理由が良く分かりますね。

ダンデライオンの使い方とは?

ダンデライオンの意味とは?意外な由来/語源を紹介!英語表記も!

最後に英語でダンデライオンを使う場合どのような使い方があるのか紹介していこうと思います。

「I have a small dandelion.(小さなタンポポを持っています。)」

「I will never forget that dandelion.(私はあのタンポポを忘れないでしょう)」

「This plant is called a dandelion.(この植物はタンポポと呼ばれています。)」

このような感じで、日常的に使われることのある単語の一つになります。

「ダンデライオン」とは日本語で「タンポポ」という意味になりますが、その語源はフランス語の「dant de lion」という「ライオンの歯」を意味する言葉になります。

「dandelion」という言葉が形成される際に、タンポポの葉や花のギザギザがライオンの歯に似ているということでタンポポという意味になりました。

ぬまくん
ぬまくん
ダンデライオンはライオンじゃなかったけど、語源はライオンに関係があったわん!
くろちゃん
くろちゃん
それはそうだけれど、そんなどや顔しないでほしいにゃー

18824

18809